プログラミングはスマホで勉強がオススメな理由

プログラミング
プログラミングの勉強を始めたいけど、または始めているけれど、プログラミングの勉強って、参考書を使ったり、パソコンを使うなど、がっつり机に座って勉強するイメージがある。最近忙しいので、スマホでの勉強もしたい。でもどうやったらいいかな?という疑問にお答えします。

プログラミングの勉強を始めたいけど、または始めているけれど、プログラミングの勉強って、参考書を使ったり、パソコンを使うなど、がっつり机に座って勉強するイメージがある。最近忙しいので、スマホでの勉強もしたい。でもどうやったらいいかな?という疑問にお答えします。

この記事では、プログラミングをスマホで勉強したい人、忙しくてパソコンや参考書での勉強をする時間が取れない人に、スマホでプログラミングを勉強する利点と方法をご紹介します。

忙しい人にぴったりなのがスマホでの勉強

忙しい人にぴったりなのがスマホでの勉強

「プログラミングはがっつり机に座ってカタカタと手を動かすもの」というイメージをしがちです。確かにイメージの通りだと思いますが、プログラミングを片手間で勉強している環境や、自由な時間の限られた生活では、現実的に、プログラミングの勉強のために机でパソコンを開く時間や環境さえなかなか確保できないということも多いと思います。

そんな中、24時間、どこに行くにも持っているのがiphoneをはじめとするスマートフォンです。このスマホを活用しない手はないですね。ボクは2018年から1年以上、プログラミングの勉強をしてきましたが、スマホでいろいろな勉強を試してきました。

試してこれはよかったなあという経験をご紹介します。それがスマホでの勉強がオススメな理由となります。

忙しくて時間がないときでも空き時間を活用できる

忙しくて時間がないときでも空き時間を活用できる

スマホは、カラダの一部のように常に持っています。パソコンよりも圧倒的にポータビリティに優れています。空き時間があれば、即座に見ることができます。今さら何を当たり前なこと言ってんだと思うかもしれませんが、空き時間に意味も目的もなく、ゲームを見たり、ツイッターやインスタを見たり、連絡を取ったり、なんとなくスマホを使っているひとが多いのではないかと思います。

忙しくて時間がとれないときくらい、スマホでは頭を使わない好きなものを見てゆっくり過ごしたいと思うのが自然です。

なので、こんな感じにすると習慣化しやすいと思います。参考になるものを取り入れていただくと良いかなと思います。

iphoneのメモなどに何をするか書いておく:メモに具体的に書いておくことで行動しやすくなる効果があります。例えば、会社に出勤したら、コーヒーを飲みながら、10分間、progateでhtmlのレッスン1を進める。など、できる限り具体的に書くことが行動につながりやすいです

好きなこと、ぼーっとする時間も確保:スマホでぼーっと好きなものをみる時間もとっておいた上で、勉強する時間も10分とかでいいので、確保するようにすると、習慣化もうまくいきやすい。

空き時間ができたら勉強する項目を事前に決めておく:空き時間が発生したときに、すぐに空き時間を有効に使える。

空き時間が発生したときにすぐに見れるように、事前に準備しておくことがコツです。

ボクの場合、家にいるときに、スマホで何を勉強するかを決めておき、すぐ見れるようにスマホで勉強する内容を開いて準備しておき、会社に出勤してから休み時間に勉強するといったスタイルです。

ツイッターで今日することを公開する:公開することでやらなくちゃとなります。

やったことをツイッターで報告する:積み上げを報告することで、小さな積み上げをしている実感がわき、達成感も出てきます。

ツイッターでやることを公開、報告するのはオススメです。空き時間を活用した勉強をプロジェクト化できた感じもするので、自分の中で重要度が高まります。それで習慣化もしやすくなります。

多忙なときでも勉強しやすい

多忙なときでも勉強しやすい

パソコンや参考書での勉強に比べて、サイズ的に、取り回し的に、スマホだと多忙なときでも劇的に勉強しやすいです。特に、パソコンや参考書での勉強は、忙しくなると、手がつけられないことが多く、習慣が途切れてしまったりもします。

そうなると、自然とプログラミングの勉強がフェードアウトしてしまったりもします。そんなとき、スマホで空き時間に勉強をしていくと、パソコンや参考書での勉強が途切れてしまったとしても、途切れてしまったことで生じる嫌な感覚、罪悪感みたいなものも軽減されるので、精神的にも良さげです。

また、プログラミングから離れてしまったことによる慣れを忘れてしまったりということも防止することができます。感覚的ですが、オブジェクト指向などの考え方など慣れ的な部分も多いので、そういった感覚的な慣れの喪失を防ぐことが割と大切なのではないかと感じています。とにかく忙しくても、スマホでプログラミングの情報に触れておくことが大切です。

スマホは知識的なことを覚えるのに最適

スマホは知識的なことを覚えるのに最適

スマホは知識を覚えるのに最適です。ソファーに座ったり、寝っ転がってでも見れますし、スマホではパソコンと違って、コードを書いて手を動かして実行することができない、できるとしてもあまり現実的ではないので、「知識を勉強する」役割に特化させることができます。本的に使う感じです。

補足:スマホは、パソコンでコードを書いてプログラムを動かしたり、参考書で勉強していて分からない疑問点などを調べるツールとしても適しています。ボクの場合、パソコンでググって解決しなかったことを、会社に出勤して、スマホで調べていて解決したことが多かったりもします。

多分ですが、疑問点をググることに時間が少し寝かされて1クッション置かれる感じです。文章を書くとき、時間を置いてあとで見直すと、書き直しがうまくいくのと似ています。

スマホはkindleでの勉強がベスト

スマホはkindleでの勉強がベスト

あくまでボクの主観、経験ですが、kindleでプログラミングの参考書を勉強するのがオススメです。なぜかというと、スマホだと、何かのサイトなどで勉強することをイメージしますが、初心者に優しくないコンテンツも多いし、サイトだとページ移動が煩雑になりがちです。kindleだと初心者でもはじめから順序を追って学べることがメリットが大きいです。

ちなみに、ボクは、kindleでPHPのフレームワークのLaravel、サーバーサイドの言語、Node.jsを勉強しています。他にもgithubの本なども入手し読みました。プログラミングをkindleで勉強するのは良さげだと思ったので、これからも、kindleで参考書を入手し、勉強を継続したいと思います。kindleだと、紙の参考書よりも安く買えるのも良さげですね。

まとめ

  • 忙しい人にぴったりなのがスマホでの勉強、スキマ時間・空き時間を活用できる、多忙なときでも勉強しやすい。
  • スマホだとコードを書いたり実行したりといった手を動かすことが難しいので、それが逆に、知識の吸収のためのツールとして定義して特化させることができる。
  • スマホを使って時間を置いてググったら疑問点が解決しやすい。
  • 個人的にはkindleを使った勉強がオススメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました