Laravelをローカル開発環境にインストールする方法

Laravelをローカル開発環境にインストールする方法

PHPの基礎を軽く学習したので、PHPのフレームワークを使って学習を進めてみようかなあ。とりあえず人気があるみたいなので、Laravelをやってみようかな。でも、難しそうだし、そもそも何からやればいいのかも分からないなあ。

という疑問にお答えします。

ボクはプログラミング学習を始めて約1年。ボク自身、基礎を軽く学習してLaravelを進めてみて、PHP初心者でも理解できるのかといった実践して感じたことと、Laravelを使うために必要なインストール手順を説明します。

ちなみに、インストールは、パソコンはMacBook Proで、ローカル開発環境のvagrantにする方法です。

結論:PHP初心者でもLaravelはギリいけそう

ボクがしてきたPHPの学習は、参考書で、『よくわかるPHPの教科書』『PHP入門講座』ドットインストールでPHPの基礎を学習した程度。あと、若干PHPやオブジェクトが絡んでくるワードプレスの基礎も一通り学習しました。

そして、フレームワークは、シンプルなので、入門者にぴったりと言われているcodeigniterをPHP入門講座で学習し、写経もしました。

そして、Laravelは実務でも割と需要があるみたいで、人気がある、なんか雰囲気がカッコいいので、Laravelを学習したいなあと思うようになりました。

そして2018年の秋くらいに、恒例の参考書探しをしました。参考書を探してわかったことは、Laravelは参考書があまり出ていないということです。

2、3数種類出ていますが、Laravelのバージョンが古いものを扱っていて、レビューなんかも使えないとこがあったりするらしいので、参考書の購入はやめときました。

参考書が微妙だということで、ドットインストールやLaravelのブログみたいな感じの記事での学習です。

そして進めていて感じたのが、ところどころ難しい単語とか概念が出てきますが、そこはググったりしつつ、とりあえず薄い理解でも手順をしっかり進めていけば、なんとかなりそうだなあということです。

という訳で、手順のしっかり説明しているコンテンツを参考に進めて、意味不明なところは都度ググったりすれば、ボクみたいにPHPの基礎をかじったくらいでも、なんとかなると思います。

もし、Laravelに興味があっても理解できなかったら無駄になるし、できるかなあと心配でしたら、ぜひLaravelにチャレンジしてみてください。

それでは、Laravelを使うための準備を説明します。Laravelを使うためには、インストールが必要です。

Laravelのインストール手順

vagrantにLaravelのディレクトリを作成

ローカル開発環境のvagrantでLaravelを使うために、Laravel専用のディレクトリを作ります。ディレクトリを作ることで、それが仮想マシンになって、サーバーになるらしいです。ぶっちゃけこの辺は詳しくないですが、PHP専用のディレクトリと自分で決めて、PHPファイルを入れて行く感じです。ruby専用のディレクトリと自分で決めて、rubyのファイルを入れていくみたいな感じの使い方です。こうやって分けることで、目的も明確になります。プロジェクトみたいな感じかも。

1.ターミナルを開いてローカル開発環境の仮想マシンを立ち上げる

1.ターミナルを開いてローカル開発環境の仮想マシンを立ち上げる

vagrantは導入済みの前提で説明します。導入は、ドットインストールのローカル開発環境の動画通り進めるとスムーズにうまくいきます。

ターミナルを開いて、cdコマンドでvagrantに移動します。

コマンド:cd Myvagrant/MycentOS

上記で移動できたら、vagrantを立ち上げます。

コマンド:vagrant up

立ち上がったら、ログインします。

コマンド:vagrant ssh

これで、[vagrant@localhost ~]$ と表示されたら立ち上げ成功です。

ちなみに、ボクもよくある失敗が、すでに立ち上がっているのに、vagrant upをしてしまうことです。そうすると、vagrant up しても、エラーメッセージが出ますので、一度vagrantを停止してやり直すとうまくいきます。

コマンド:exit

このexitコマンドでvagrantを停止して、もう一回vagrant upしたらうまくいくはずです。

2.Laravelの専用ディレクトリを作成

ディレクトリ名は分かりやすければ自由です。ここではlaravelとします。ディレクトリを作る方法は、コマンドで作成、または、FTP接続するソフトでディレクトリを作る方法があります。

コマンド:mkdir laravel

このmkdirコマンドで、上記のようにすると、vagrantにlaravelディレクトリが作られます。

下は、FTP接続したりするファイル管理ソフトの画像です。コマンド操作しなくていいし、慣れてるので、こっちをよく使っちゃいます。

下は、FTP接続したりするファイル管理ソフトの画像です。コマンド操作しなくていいし、慣れてるので、こっちをよく使っちゃいます。

PHPのバージョンを確認し最新版にアップデート

2019年現在、LaravelはPHPのバージョンが7以上でないと使えないので、PHPのバージョンが古かったら最新版にアップデートします。

PHPのバージョン確認

コマンド: php -v

php -vとしたら、現在のバージョンが表示されます。

もしバージョン7以下だったら、アップデートします。

コマンド:sudo yum install -y –enablerepo=remi-php71 php

これで最新版になったら、バージョンを再確認してみます。

コマンド: php -v

これで新しいバージョンになっているはずです。

データベースのsqliteが入っているかを確認

データベースはここではsqliteを使いますので、入っているかを確認します。

コマンド:sqlite3 –version

コマンド:sqlite3 --version

これで、バージョンが表示されたら、すでにインストールされているのでokです。

Laravelのインストール

ここでやっと、Laravelのインストールです。

1.composerのインストール

composerというシステムを使ってLaravelをインストールしますので、composerをlaravelディレクトリにインストールします。

composer.orgに移動して、Downloadをクリックします。

Composer
A Dependency Manager for PHP

すると、コマンドが表示されるので、⌘ + C 等でコピーします。

ターミナルでlaravelディレクトリに移動していることを確認して、プロンプトに⌘ + Vでペーストします。すると、composerのインストールが始まります。

インストールが終わったら、コマンドが表示されるので、そのままリターンキーを押します。

2.Laravelのインストール

php composer.pharというコマンドが少し上に表示されるので、それをコピーしてプロンプトに貼り付ける。更に付け加えて下記のようにします。

コマンド:php composer.phar create-project –prefer-dist laravel/laravel myblog

これを実行すると、Laravelがインストールされます。

ちなみに、コマンドの最後の『myblog』の部分は、プロジェクトの名前を付けないとインストールできないので、とりあえずmyblogとしています。好きな名前でokです。

これでLaravelのインストールが完了です。

インストールが終わったら、cdコマンドでmyblogディレクトリに移動して、Laravelのバージョンを確認してみましょう。

コマンド:cd myblog/

コマンド:php artisan –version

コマンド:php artisan --version

以上となります。これでLaravelを使う準備ができました。

コメント

  1. […] Laravelをローカル開発環境にインストールする方法 […]

タイトルとURLをコピーしました