【ターミナル】コマンドの履歴を確認して使う方法

ターミナルを使っていて、コマンドを上下キーで履歴を呼び出して使うことがあるけど、意外とめんどくさいなあ。履歴をズラーっとみて確認し、使う方法ないのかなあ?という疑問にお答えします。

ボクもぶっちゃけ上下キーしか、コマンドの履歴を呼びだす方法を知りませんでした。

そこで、今回は覚えておくと便利なコマンド、「 history 」コマンドをご紹介します。

ズラーっと一覧で履歴が表示されるので、あのコマンドなんだったかなあ?

と思った時などに調べたり、実行できるので便利です。

カンタンなので、ぜひ覚えておきたいですね。

それでは、早速みていきましょう。

historyコマンドでコマンドの履歴を確認する方法

historyコマンドでコマンドの履歴を確認する方法

ターミナルで「 history 」と入力します。

ターミナルで「 history 」と入力します。

すると、履歴が直近から順番に、ズラーっと表示されます。

すると、履歴が直近から順番に、ズラーっと表示されます。

履歴が多かったら数百行表示されたりしますので、

その場合、タッチパッドやマウスでスクロールして移動できますが、

1画面ずつ確認できるようにすると便利です。

コマンド履歴を1画面ずつ表示する方法

コマンド履歴を1画面ずつ表示するには、

「 history | more 」

としたらokです。

コマンド履歴を1画面ずつ表示するには、「 history | more 」としたらokです。

すると、1画面ずつ表示され、画面の下にコロンが表示されます。

すると、1画面ずつ表示され、画面の下にコロンが表示されます。

コロンは、操作を受け付けている状態で、

「リターン」キーで1行進み、

「スペース」キーで1画面進みます。

「 q 」キーを押すと、終了してプロンプトの表示に戻ります。

次は、コマンド履歴を実行する方法をみてみましょう。

コマンド履歴のコマンドを実行する方法

コマンド履歴のコマンドを実行する方法

コマンドの履歴からコマンドを選んで実行するには、

「 ! + コマンドの前に付いている番号 」を指定します。

コマンドの履歴からコマンドを選んで実行するには、「 ! + コマンドの前に付いている番号 」を指定します。

例えば、コマンド履歴の3番目の「 clear 」コマンドを実行したい場合、

「 !3 」と入力します。

ちなみに、clearコマンドは、画面がごちゃごちゃした際に、

画面をさっぱりきれいに表示するコマンドです。

それでは、!3でclearを実行してみます。

それでは、!3でclearを実行してみます。

clearコマンドが実行されて、画面がさっぱりしました。

コマンド履歴にコマンドを付け足すことも可能

コマンド履歴にコマンドを付け足して実行することもできます。

例えば、コマンド履歴から「 ls 」コマンドを呼び出して、

「 more 」コマンドを足したい場合でみてみましょう。

例えば、コマンド履歴から「 ls 」コマンドを呼び出して、「 more 」コマンドを足したい場合でみてみましょう。

画像では、lsコマンドは79番ですので、

「 !79 | more 」と入力したら、

「 ls | more 」が実行されます。

※縦棒のパイプ「 | 」は、パイプの左に書いたコマンドの実行結果を渡す

機能があります。

まとめ

コマンドの履歴を確認したい時には、使ったコマンドが一覧で表示されるので、あのコマンドなんだったかなあ?とコマンドを忘れた時などにhistoryコマンドが便利。

コマンド履歴を実行するには、

「 ! + コマンドに付けられている番号 」で実行できる。

ということでしたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました